柏市立豊小学校
 
研究・研修(不祥事防止)
 

研究主題
 主体的に考え,論理的に表現できる児童の育成
研究教科
 算数科
研究目標

 指導方法や発問内容,数学的活動を工夫することで,児童に,既習事項をもとによりよく問題を解決しようとする態度や筋道を立てて説明する力を身につける

よりよい学習環境を
 「確かに学び,集中力と創造力のある児童の育成」を目標に,『豊小 学習のスタンダード』を作成し,取り組んでいます。各教科の学習活動時に限らず,行事,課外活動,家庭教育等においても,身に付けさせたい力です。

  授業のやくそく「あしたのちしき」
    あ あいさつをする
    し 姿勢よく
    た 正しい言葉で
    の ノートは見やすく
    ち チャイム着席
    し 下じき・じょうぎを使う
    き きれいに整とん

  聞き方 あいうえお
    あ 相手を見て
    い 意見をもって
    う うなずきながら
    え 「えーっ」と言わずに
    お 終わりまで

  話し方 かきくけこ
    か かんたんな文章で
    き 聞きとりやすく
    く 口を大きく開けて
    け 元気な声で
    こ 言葉づかいに気をつけて



校内研修会① エピペン講習会 (4月4日)
 本校では,食物アレルギーを持つ児童への対応を徹底するために,年度初めに「エピペン講習会」を,月末には「食物アレルギー会議」を行っています。
 給食は,児童が学校生活で楽しみにしている時間の1つです。より安心・安全に学校生活を送れるように,職員一同努めてまいります。



校内研修会② 道徳 (5月2日)
 柏市教育委員会の髙橋先生を講師にお迎えして,道徳の学習の進め方について研修を行いました。
 今年度から,道徳が新しい教科として実施されています。児童にとってよりよい学習の時間となるよう,授業の展開や評価の仕方など,教材研究をしていきます。



校内研修会③ 研究全体会 (5月7日)
 研究テーマの「主体的に考える」「論理的に表現できる」について,学年としてどのような姿を目指していくのかを話し合いました。
 自ら課題を見つけたり,日常生活に生かしたりする姿。
 順序よく話したり,既習事項を使って説明したりする姿。
 児童が多くのことを学べるように取り組んでいきます。